動画マーケティングってどうやるの?

動画マーケティングは、動画を用いて商品やサービスを宣伝し、ブランドの認知度を高め、顧客との関係を強化するマーケティング手法です。動画の視覚的な魅力と情報伝達の効率の良さから、多くの企業が動画マーケティングを積極的に取り入れています。以下は、効果的な動画マーケティング戦略を構築するための基本的なステップです。

動画マーケティングのメリット

動画マーケティングは、現代のデジタルマーケティング戦略において非常に重要な役割を果たしています。その主なメリットを以下に挙げます

  1. 高いエンゲージメント: 動画は視覚的かつ聴覚的情報を提供するため、他の形式のコンテンツよりも視聴者の注意を引きやすく、感情に訴えかけることができます。これにより、ユーザーの関与度やエンゲージメントが向上します。
  2. 情報の効率的な伝達: 複雑な情報や製品の機能を短時間でわかりやすく説明することができます。動画によって、テキストや静止画では伝えにくい情報を視覚的に展示することが可能です。
  3. ブランド認知の向上: 動画を通じてブランドのイメージやメッセージを一貫して伝えることができるため、ブランド認知度が高まります。視覚的要素は記憶に残りやすく、ブランドイメージを強化する効果があります。
  4. SEO(検索エンジン最適化)の向上: Googleをはじめとする検索エンジンは、コンテンツの多様性を評価するため、動画を含むページを高く評価する傾向にあります。動画は検索結果においても好位置で表示されやすく、ウェブサイトへのトラフィック増加に寄与します。
  5. ソーシャルメディアでの共有性が高い: 動画は共有しやすく、ヴァイラルになる可能性が高いです。特に感動的な内容やユニークな視覚効果を用いた動画は、ソーシャルメディアで広く拡散されることがあります。
  6. コンバージョン率の向上: 動画は製品の魅力を直接的に伝えるため、視聴者が製品購入やサービス登録を行う確率を高めます。特にEコマースサイトにおいては、商品紹介動画がコンバージョン率を向上させる効果が確認されています。
  7. 顧客との信頼関係構築: 定期的に品質の高い動画コンテンツを提供することで、顧客との信頼関係を築きやすくなります。顧客は企業が提供する情報を価値あるものと認識し、長期的な関係を築く基盤となります。

スマホで撮影し、capcutなどのアプリのテンプレートを使えば動画編集も簡単にできます。

動画マーケティングのハードルはどんどん下がっています。

1. 目標の設定

動画を使って達成したい具体的な目的を明確にします。

  • ブランド認知度の向上:新規顧客を引きつけること。自社を知って欲しい→広くアピール。宣伝
  • リードの獲得:視聴者を潜在顧客に変換すること。自社に興味を持って欲しい→接触頻度をふやす
  • 顧客エンゲージメントの促進:既存の顧客との関係を深めること。自社のファンになってほしい→会員になってもらう
  • 売上の増加:製品やサービスに対する直接的な購買促進を図ること。自社の製品を購入して欲しい→定期顧客になってもらう

簡単に言えば、何を紹介したいか決めて、その動画を撮影します。

youtubeで成果が現れ始める目安が100本と言われています。

2. ターゲットオーディエンスの特定

  • 誰をターゲットにするかを明確にし、そのオーディエンスの興味やニーズに合わせたコンテンツを作成します。年齢、性別、興味、職業、地理的位置などを考慮に入れると効果的です。

インスタなら映像美にこだわったコンテンツにする。

xはトレンドを意識した発信にする。

ティックトックは情報をメインにする。

youtubeは説明動画にする。など

3. SMART基準に基づく目標設定

目標を具体的(Specific)、計測可能(Measurable)、達成可能(Achievable)、関連性のある(Relevant)、時間的に限定された(Time-bound)ものにします。

例:

  • 3ヶ月以内にYouTubeチャンネルの登録者数を20%増加させる。
  • 新製品の発売に伴い、動画広告からのウェブサイト訪問者を1ヶ月で5000人増やす。

4. ストーリーテリングとコンテンツの作成

教育的な内容、エンターテイメント、ストーリーテリング、製品紹介など、目的に最適な形式とスタイルを選びます。

  • 情感的アプローチ:視聴者の感情に訴えるストーリーを用いる。悩みを解決
  • 教育的アプローチ:製品やサービスの使い方、業界の知識など、教育的な内容を提供する。商品の利用メリット
  • エンターテインメント:ユーモアや驚きなど、エンターテインメント要素を取り入れる。トレンドや映像美、見やすさなど

5. 動画の制作

動画の制作スケジュール、予算、必要なリソース、プロモーション戦略などを計画します。動画の制作だけでなく、その配布やマーケティング活動も考慮に入れます。

  • 品質:高画質の動画を制作し、プロフェッショナルな印象を与える。
  • フォーマット:ターゲットオーディエンスが多く利用するプラットフォーム(YouTube、Facebook、Instagram等)に合わせたフォーマットを選ぶ。

動画撮影の撮影場所はレンタルスタジオを借りて行えばスムーズな撮影進行ができます。

6. 配信とプロモーション

  • SEO対策:検索エンジンで動画が見つかりやすいように、適切なキーワードを使用する。
  • ソーシャルメディア:広範囲にわたるオーディエンスへのアクセスを確保する。
  • 広告キャンペーン:ターゲットに合わせた広告を用いて動画の視聴を促進する。

YouTubeに投稿する最適な時間帯は午後6~9時、午後3~6時、午後0~3時で、最適な曜日は金曜日、土曜日、そして日曜日と言われています。

SNSでフォロワーを増やすにはハッシュタグが非常に重要です。

インスタはハッシュタグを30個までつけられるので、できるだけ10個以上付けるようにしましょう。
ハッシュタグをテンプレート化しておくと、投稿を作成する時間が大幅に短縮できます。

xは公式は2個を推奨しています。

youtube,tiktokは3個以上

7. 分析と改善

成功を測定するKPI(重要業績評価指標)を定義します。再生回数、視聴時間、共有数、コメント数、クリックスルーレート(CTR)、コンバージョン率などが含まれます。

動画が公開された後は、定期的にパフォーマンスを分析し、必要に応じて戦略を調整します。何がうまくいったのか、改善点は何かを評価し、次の動画制作に活かします。

  • パフォーマンス分析:視聴回数、エンゲージメント率、コンバージョン率などのデータを分析する。
  • 改善:データに基づいて動画コンテンツやプロモーション戦略を調整し、さらに効果を高める。

動画マーケティングは、ストーリーテリングと視覚的情報の組み合わせにより、強力なブランドメッセージを伝える手段です。視聴者の注意を引き、情報を効率的に伝達し、感情的な反応を引き出すことができるため、多くの企業にとって魅力的な選択肢となっています。

動画マーケティングで活用できるレンタル撮影スタジオのスタジオフィールド

千葉のレンタル撮影スタジオ、スタジオフィールドです。スタジオフィールドは、

渋谷からアクアラインで40分と都心からのアクセスが良く、

近郊に海やローカル線など都会では撮影できない魅力的なロケ地が多数あります。

当スタジオでは、ミュージックビデオの撮影やアパレルのHP撮影、インテリア、グラビア撮影などで多くの多くのお客様にご利用いただいております。

スタジオフィールド1階: 50平米 3面採光 モノトーンのシンプルな空間

スタジオ2階:50平米 ナチュラルテイストな空間、天窓あり

スタジオフィールドへのご予約、お問合せ

080-8743-4783 または info@studiofieid.net